西ユーラシア貨幣史研究会(科学研究費基盤研究(A)代表鶴島博和)による益城町砺川の退蔵貨幣調査のお知らせ

以下の要領で西ユーラシア貨幣史研究会(科学研究費基盤研究(A)代表鶴島博和)による益城町砺川の退蔵貨幣調査を行います。

場所 益城町赤井城本宅

時間 2017年8月9日11時から17時ごろまで

内容 砺川の旧家より出た、寛永通宝を中心とすると思われる大量の退蔵貨幣の分類、分析調査。

主催 鶴島博和、櫻木晋一(下関市立大学教授)